Amazon

【年会費4900円は実質無料のようなもの】Amazonプライムの内容と使い方について解説

2020年5月8日

【年会費4900円は実質無料のようなもの】Amazonプライムの内容と使い方について解説

 

 

ぼんやりしている人
アマゾンプライムの内容や使い方がよくわからない。

会員になるメリットて何があるの?

年会費4900円は結構大きいなぁ。なるべくお金は払いたくない

 

今回はこんな悩みについて解説します。

 

 

結 論

「週に一回映画やアニメ、ドラマを見る」

「毎月購入する日用品を1つ注文する」

上記2つのどちらかを満たせば、Amazonプライムは実質無料のようなものです

 

 

僕は5年以上「Amazonプライム」の会員で1週間に一回は使っていますね。

 

年会費は4900円なので月に換算すると約「410円」ですが、

 

この価格帯でのサービスとしては、お世辞抜きで最高だと思っています。

 

本記事ではAmazonプライムの使い方と内容(メリット、デメリット)について解説します。

 

プライム会員になるか迷っている人はぜひ判断材料として読んでみて下さい。

 

 

 

Amazonプライムの年会費4900円は実質無料のようなもの

Amazonプライムは使えば使うほどサービスの恩恵を受けることができます。

 

その恩恵は無料のため、逆にそれがわかりずらくなっているんですね。

 

Amazonプライムの上手な使い方と内容を知れば、年会費4900円は実質無料であることがわかります!

 

まずはこの年会費に相当する2つのメリットについて解説します。

 

注意ポイント

年払いだと4900円ですが、月払い契約だと500円になります。

 

 

【送料無料】毎月購入する日用品はすべてAmazonで購入する

Amazonホーム画面
引用元:Amazon

 

Amazonプライムに加入するなら、毎月のように購入している日用品はAmazonで注文するようにしましょう!

 

なぜならプライム会員なら配送料が何度でも無料だからです。

 

配送料 一般購入者 プライム会員
2000円以上の買い物 無 料 無 料
2000円未満の買い物 410円~450円
お急ぎ便(当日か次の日) 510円~550円
お届け日時指定 510円~550円

 

つまり月に1回Amazonで商品を購入するだけで、その月の「410円」が節約できたことになります。

 

そして購入回数が増えていけば、年会費分はすぐに取り返せます。

 

毎月必ず購入するものありますよね?

 

それをAmazonで注文すればいいのです。

 

年会費のために無駄な買い物はしなくていいんです。

 

僕はこの方法で年会費を節約しています。

 

ポイント

送料が無料になる商品は「prime」のマークがあるものだけになります。

primeマーク

 

 

 


 

 

週に1回は「映画」「アニメ」「ドラマ」を見る「prime video」

prime videoの画像
引用元:Amazon

 

週に一回一つだけいいので、あなたの好きな「映画」「アニメ」「ドラマ」をみましょう!

 

プライム会員は多数の「映画」「アニメ」「ドラマ」を無料で視聴することができるのです。

 

しかもWi-Fi環境下でダウンロードをしておけば、通信をしなくても動画を視聴することができます。

 

旅行にいくときにはとても便利です。

 

レンタルショップで借りてきたらどんなに安くても「100円」はしますよね。

 

それを「prime video」で週に1回好きなものを見るだけで、余裕で月の年会費分になります。

 

子供がいればかなりの利用頻度となるはずです。

 

商品を購入しなくても、こういったところで年会費を捻出することができます。

 

ちなみに他社との比較です。

他 社 料 金(月)
Hulu 933円
Netflix 800~1800円
U-NEXT 1990円

 

ポイント①

送料と同様「prime」の文字があるものだけが無料です

primeマーク
引用元:Amazon

 

Amazonプライムビデオをテレビに映すには「Fire TV stick(4980円)」がおススメです。YouTubeも見れます。


詳細はコチラ

 

 

 

 

まだまだある「Amazonプライム」のメリット

Amazonプライムのメリットはこれだけではありません。

 

ここからはプライム会員になることで、その他の内容のメリットを解説していきます。

 

Amazonプライムを使い倒せるように是非チェックしましょう。

 

 

200万曲の音楽が聴き放題「Amazon music」

Amazon musicの画像
引用元:Amazon

 

prime会員なら追加料金なしで200万曲の音楽が聴ける「Amazon music」を使用することができます。

 

無料のYouTubeとは違い、途中で広告が入ることはありません。

 

また事前にダウンロードしておけば、オフラインでも音楽を聴くことができます。

 

新曲から古い楽曲までたくさん入っているので、あなたの好きな音楽を見つけることができますよ!

 

 

 

カメラやスマホで撮った写真を無制限に保存「Amazon photo」

prime photoの画像
引用元:Amazon

 

「Amazon photo」はクラウド上に写真を保存することができる機能です。

 

なんとその容量は無制限です。

 

自宅のハードディスクでの保存はすぐにいっぱいになるし、何より一番怖いのは故障です。

 

Amazonだからといって絶対に故障しないというわけではありませんが、自宅よりは何十倍も安全です。

 

そしてクラウド上に保管するので、ログインすればどの端末からでも見ることができます。

 

そうなると心配なのがセキュリティですが、Amazon photoでは2段階認証となっています。

 

①Amazon photoにパスワードを入力(第一段階)

②あなたの携帯にコードがSMSで届く

③コードを再度入力(第二段階)

 

上記の手順を踏んでようやく見ることができるので、パスワードと携帯を同時に盗まれなければ安全です。

 


 

 

「小説」「ビジネス本」「漫画」「雑誌」読み放題「prime reading」

prime readingの画像
引用元:Amazon

 

約1000冊の電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

スマホやタブレットがあれば講読することが可能です。

 

人気のある本も多数ありますし、これだけの本を購入しようと思ったらかなりの金額が掛かります。

 

かなりお得なサービス内容です。

 


 

 

 

年一回の特大セール「プライムデー」に30分早く参加できる

primeの割引画像
引用元:Amazon

 

プライムデーとは毎年7月頃の行われている「大特価」のサービスデイです。

 

物によっては70%off以上の物もあります。

 

事前に「どういった物」が「いくらの値段」で販売されるかが告知されますが、人気のあるものはとにかく買えないです。

 

当然ながらめちゃくちゃ競争が激しいです。

 

しかしこのプライム会員になっていると、一般の人より30分早く購入する権利をもらえるのです。

 

あなたの欲しいものが大特価でかえるのであれば、年会費を払う意義も出てきますよね。

 

 

 

赤ちゃんのいるお母さんに優しい「おむつ」と「おしり拭き」割引サービス「Amazonファミリー」

Amazonファミリーの画像
引用元:Amazon

 

プライム会員になると、「おむつ」や「おしり拭き」、が15%offで購入することができます。

 

その他「粉ミルク」や「ベビーカー」などの子育て必須アイテムもお得な料金で購入することができます。

 

申し込み時に子供の情報を登録する必要があるので、成長に合わせて適切な商品の案内メールも届きます。

 

子供の情報を入力する画像
引用元:Amazon

 

これからお母さんになる人にとっては、とても親切なサービス内容ですね。

 

注意ポイント

15%の割引にするには、定期購入契約(指定した期間ごとに注文しなくても商品が届く機能)をする必要があります。

 

 

 

ペット用商品の割引「prime pets」

プライムペットの画像
引用元:Amazon

 

事前にペットの「名前」「ペットの種類」「年齢」「サイズ」を登録することで、次のような特典をうけることができます。

 

・定期お特便 初回最大50%off(指定した期間ごとに注文しなくても商品が届く定期購入です)

・新規ブランド初回20%off

・対象商品 常時10%off

 

対象商品は永続的に値引きがされるので、ペットを育てている人にとってはとてもお得なサービス内容です。

 

 

 

服や靴、カバンを自宅で試着ができ送料・返送料無料「プライム・ワードローブ」

プライム・ワードローブの画像
引用元:Amazon

 

プライム・ワードローブは試着ができるアパレルの通販です。

 

しかもその対象商品は、「服」「靴」「バッグ」「時計」というラインナップです。

 

サービスの特徴はこちらです。

 

・8点まで試着が可能

・送料、返送料は無料

・返送まで7日間試着できる

・何回でも試せる

・7日間返送しなかったら課金

 

無料でここまでの返品猶予期間があれば、自分好みの商品をゆっくり選ぶことができますよね。

 

 

 

学生に優しいサービス「prime student」

prime studentの画像
引用元:Amazon

 

学生に対するプライム特典なのですが、かなり優遇されています。

 

・年会費が半額の2450円(月204円)、月払いだと250円

・無料体験期間が6ヶ月

・書籍は10%off

・文房具、ノートは20%off

・日用品やサプリは、通常定期お特便は10%offだが、学生は15%off

 

将来のハードユーザーをがっちり囲ってますね。

 

月「204円」でこれだけのサービス内容を受けられるのなら言うことなしです。

 

 

 

アマゾンプライムのデメリット

ここまでかなりの数のメリットをお伝えしてきました。

 

ですがやはりデメリットもあります。

 

ここからはAmazonプライムのデメリットについて解説していきます。

 

 

他の専門サービスに比べると品揃えが悪い

動画配信サービスでいえば「Netflix]「Hulu」「U-NEXT」の方が、音楽配信サービスでいえば「apple music」「YouTube music」の方が品ぞろえは圧倒的に良いです。

 

Amazonプライム対象外のサービスは追加料金を払わないといけないので、結果割高になってしまいます。

 

これだけ幅広いサービスを行っていると仕方がないのかなとも思いますが、人間はなれる生き物。

 

見たい映画に限って有料だとガッカリしてしまいます。

 

 

値上げの可能性がある

アメリカのAmazonプライムは119ドル(約12000円)です。

 

日本のAmazonプライムは2019年5月以前は「3900円」でしたが現在は「4900円」です。

 

今後需要が増えていけば更なる値上げが予想されます。

 

消費税やタバコと一緒で、ジリジリ上げられると感覚がマヒしてしまうんですよね。

 

値上げがあった時は、

 

・あなた自身のAmazonプライムの使用頻度

・どのくらいメリットを受けているか?

 

この2点をしっかり考えて、継続するかどうかを検討するようにしましょう。

 

 

無料お試し期間内に解約するのを忘れてしまう

Amazonプライムでは1ヶ月の無料お試し期間があります(学生だと6ヶ月)。

 

この期間は無料で上記のサービスをすべて受けることができます。

 

「無料お試し期間の期日が過ぎて、いつの間にか課金されてしまった!!」

 

結構やりがちなので気を付けましょう。

 

特に学生は6ヶ月もあるので予定表に入れておかないと忘れますよね。

 

ポイント

課金されたとしても、プライム特典の利用頻度に応じて返金されます。

全額返金を希望の方は、Amazonの利用を一旦止めてすぐ解約すればOKです。

prime返金規約
引用元:Amazon

 

 

 

Amazonプライムの解約方法

1ヶ月無料お試し期間終了後、勝手に課金されないようAmazonプライムの解約方法についても解説しておきますね。

 

①トップ画面右上の「アカウント&リスト」をクリック

prime解約手順①

 

②「Amazonプライム会員情報をクリック」

prime解約手順②

 

③右上の「プライム会員情報」をクリック

prime解約手順③

 

④「プライム会員資格を終了する」の下にある赤枠内をクリック

プライムの解約手順④

解約ボタンが小さいのがなんだかセコイ。。。

 

⑤「特典と会員資格を終了」をクリックすれば完了です!

※ちなみに青枠を見ると僕がどれだけ配送料を得しているかがわかります。

プライムの解約手順⑤

 

 

 

まとめ:30日間無料で利用できるので試してみるのはアリ

ネットで買い物する人

 

ここまでAmazonプライムの内容と使い方(メリット・デメリット)について解説してきました。

 

まとめますね。

 

本記事のまとめ

【Amazonプライムの年会費分得をするには】

送料無料なので毎月使う日用品をAmazonで購入する

週に1回好きな「映画」「アニメ」「ドラマ」を見る

 

【Amazonプライムのその他のメリット】

Amazon musicで200万曲の音楽が聴き放題

Amazon photoで写真を無制限に保管できる

prime readingで1000冊以上の無料書籍が読める

プライムデーの大特価セールにで0分早く購入ができる

Amazonファミリーで赤ちゃんの日用品を安く購入できる

prime petsでペットの日用品が安く購入できる

プライム・ワードローブで自宅に居ながら試着ができる

prime studentで学生は半額でプライム会員になれる

 

【Amazonプライムのデメリット】

他の専門サービスよりは劣る

年会費が値上げの可能性がある

無料お試し期間を忘れて課金されてしまう

 

僕は正直、Amazonなしだとかなり不便を感じます。

 

上記メリット以外にも、

 

目に見えないメリット

マンションに住んでいて、上の階まで重いものを運ぶ必要がなくなる

自分で購入に行く場合「自動車のガソリン代」「電車賃」「タクシー代」を考えたらお得

購入に行く手間が省けるので自分の時間を増やせる

近隣に売っていないものが購入できる

足が悪い人には助かる

 

これだけのサービス内容で年会費4900円(月換算410円)は破格の値段だと思っています!

 

1ヶ月は無料なのでぜひお試ししてみることをおススメします。

 

気に食わなかった時の「解約」は忘れないようにしてくださいね。

 

 

 

-Amazon

Copyright© Lblog , 2021 All Rights Reserved.