Blog

WordPressのパーマリンク設定変更と301リダイレクトの手順【ブログの悩み】

2020年5月23日

WordPressのパーマリンク設定変更と301リダイレクトの手順【ブログの悩み】

 

 

WordPressのパーマリンク設定を変更したいけど、ブログの検索順位がリセットされるらしい。。

301リダイレクトってどうやるの。。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

パーマリンクの設定変更とブログへの影響

301リダイレクトとは

301リダイレクトの手順

 

WordPressでブログを書き続けていると、何かしらの理由でパーマリンクの設定変更を余儀なくされる時があるかもしれません。

 

しかし安易に設定変更をしてしまうと検索順位がリセットされてしまいます。

 

本記事ではブログの検索順位がリセットされることなく、WordPressのパーマリンク設定を変更することができる「301リダイレクト」の手順について解説します。

 

僕もこの手順でパーマリンク設定の変更をすることができました。

 

「パーマリンクの設定変更」と「301リダイレクト」についてお悩みの方は一読ください。

 

 

パーマリンク設定変更とブログへの影響

パーマリンク設定変更とブログへの影響

 

WordPressでブログを始めるにあたって最初に行う設定が「パーマリンク設定」なのですが、安易な気持ちで設定すると後から苦労してしまいます。

 

なぜならパーマリンクの設定変更には「検索順位のリセット」という大きなリスクがあるからです。

 

まずはそこについて解説します。

 

WordPressのパーマリンク設定とは

パーマリンク設定とは、「記事のURLをどのように表示するか?」を決めることです。

 

WordPressのメニューから「設定」→「パーマリンク設定」と選択していきます。この画面で「ドメイン」から後ろのURLを設定することができます。

パーマリンク

 

「SEO」、「記事のカテゴリー管理」の観点からいくと通常は下から2番目の「投稿名」を選択するのがBESTです(URLが「ドメイン/投稿名」となります)。

 

僕の失敗は「カスタム構造」で「ドメイン/カテゴリー/投稿名」というようにURLに「カテゴリー」も含める設定にしたことです。

これが今回パーマリンク設定の変更を余儀なくされた理由です。

 

カテゴリーを変更すると検索順位がリセットされてしまう

上記の設定により、つい先日までの本サイトのURLを見てみるとこんな感じです。

 

URL

 

ブログジャンルの記事も増えてきたので、新しいカテゴリー「blog」を作ってそこに入れようとしたのですが、そうすると赤枠内のURLが「blog」に変わってしまいます。

 

するとGoogleからは、

 

「l-llo.com/life-changing/blogmaterial」

 

とは別に

 

「l-llo.com/blog/blogmaterial」

 

という新しい記事が作成されたと認識され、今までの検索順位は適用されません。

 

記事は一緒なのに積み上げた検索順位だけがなくなってしまうという最悪の事態です。

 

収益源の記事であれば死活問題ですよね。

 

そこで役立つのが「301リダイレクト」です。

 

 

301リダイレクトとは

301リダイレクトとは

 

「301リダイレクト」とは古いURLからアクセスがあったときに、新しいURLへ転送し続ける設定です。

 

しかも検索順位まで引き継がれるのでSEO効果もあります。

 

こんな時に301リダイレクト

・記事のURLを変更したいとき

・重複している記事を一つにまとめたいとき

 

検索順位

 

 

301リダイレクトの手順

301リダイレクトの手順

 

ここからは301リダイレクトの手順について解説していきます。

 

今回僕がした設定は、URLを「ドメイン/カテゴリー/投稿名」から「ドメイン/投稿名」に変更する作業ですが、重複コンテンツをまとめる場合でも301リダイレクトのやり方は一緒です。

 

手順1:旧URLと新URLを整理する

まずは旧URLと新URLをエクセルかGoogleスプレッドシートにまとめましょう。

 

まとめる理由

・旧URLがわからなくなると設定ができなくなる

・301リダイレクトの作業が楽になる

・設定後の確認作業が楽になる

 

記事を整理

 

手順2:WordPressのパーマリンク設定を変更する

URLの整理が終わったらWordPressのパーマリンク設定を変更します。

 

①「設定」「パーマリンク設定」を選択

②投稿名にチェックを入れる

③右側の赤枠内が「/%postname%/」になっているか確認

④「変更を保存」をクリック

パーマリンク設定

 

手順3:スラッグ名の変更

スラッグ名も変更したい場合はこの時点で作業しましょう。

 

①記事タイトルをクリック

②右側の「編集」をクリック

パーマリンク設定⑦

 

③記事に関連したスラッグを入力

④保存をクリック

パーマリンク設定⑧

 

スラッグ名を変更するときは以下の事を意識しましょう。

 

ポイント

・スラッグ名を変更するときは記事に関連した英単語にする

・単語と単語の間には「‐」(ハイフン)を入れる

 

SEO的にそこまで影響はありませんが、URLでどんな記事が書かれているかが予測できるのでユーザビリティが高まります。

そしてGoogleもこの手法を推奨しています。

 

手順4:プラグイン「Redirection」をインストール

①プラグインで「Redirection」をインストールし「有効化」しましょう。

Redirection

 

②Redirectionを設定していきます。「セットアップを開始」をクリック

パーマリンク設定⑩

 

③赤枠2つにチェックを入れて「セットアップを続行」をクリック

 

パーマリンク設定⑪

 

④赤枠内に「GOOD」の表記が出たら「セットアップ完了」をクリック

パーマリンク設定⑫

 

⑤「完了」をクリック

パーマリンク設定⑬

 

⑥「Continue」をクリックすれば設定はOKです

パーマリンク設定⑭

 

手順5:「Redirection」で301リダイレクトを行う

①メニューから「ツール」→「Redirection」と選択していきます

パーマリンク設定⑮

 

②赤枠内の「ソースURL」には古いURLを入力

③青枠内の「ターゲットURL」には新しくするURLを入力

④「転送ルールを追加」をクリック

パーマリンク設定⑯

 

⑤右下に「Redirection saved」の文字が出ればOKです

パーマリンク設定⑰

 

手順⑥:301リダイレクトの確認

最後に必ずリダイレクトがされているか確認をしましょう。

 

エクセルにまとめた旧URLを一つずつクリックしていけば簡単です。

 

①赤枠内の旧URLをクリック

パーマリンク設定⑱

 

②エクセルの青枠内のURLと転送先URLが同じであればOKです。

パーマリンク設定⑲

 

 

まとめ:積み上げたSEO対策は超大事【301リダイレクトは必ず覚えよう】

積み上げたSEO対策は超大事【301リダイレクトは必ず覚えよう】

 

ブログ運営にとってSEO対策は超大事ですよね。

 

長い年月をコツコツ積み上げてようやく結果がでます

 

そんな努力が無駄にならないよう、「WordPressのパーマリンク設定変更のリスク」と「301リダイレクトの手順」はしっかり覚えるようにしましょう!

 

ではまた次の記事で。

 

記事が30ほどで気が付いてホントに良かった。。😑

 

-Blog

Copyright© 行政書士L法務事務所 , 2021 All Rights Reserved.