自己啓発

習慣が変われば人生が変わる【習慣化を身につける方法】

2020年4月19日

読書を習慣にしている人

 

 

ぼんやりしている人
「筋トレ・ダイエット・読書・資格勉強・ブログ・ユーチューブ」自分を変えるためにはじめては見たもののどれも続かない。やる気はあるんだけど時間がない。どうやったら継続できるんだろう。

 

 

こういった悩みは多いですよね。

 

 

本記事の内容

優先順位を間違えていませんか?【それやる必要ある?】

「自己投資」を予定表に組み込み、スキマ時間を最大限活用する

習慣化で一番大事なこと

 

 

僕自身も「健康」や「今後の人生に役立てる知識」、そして「精神面を鍛える」ために習慣化していることはあります。

 

筋トレ(5年)・読書(6ヶ月)・ダンス(19年)・瞑想(6ヶ月)などです。

 

これに今は「ブログ」を加えています。

 

本業の仕事をしていると残業などで時間がなかなか取れなかったり、急な友人との飲み会やデートなどで予定が狂ってしまうことはよくあります。

そうなるとモチベーションが下がり、だんだんどうでもよくなってきますよね。

 

それで僕も何度か挫折しています。

 

しかし、今は何とかそれを乗り越えて復活し、継続することができています。

 

今回はどうすれば「習慣化」を身につけることができるのか。そのコツについてお話していきたいと思います。

 

 

 

優先順位を間違えていませんか?【それやる必要ある?】

 

一日の時間は24時間しかありません。

 

であれば行動の「優先順位」を明確にする必要があります

 

 

あなたの「優先順位」を仕分けるには下記の表を活用してみましょう。

 

 

 

これは「7つの習慣」の著者スティーブン・R・コビー氏が本誌で紹介している優先順位を可視化した表で、単純で分かりやすいと思います。

 

ちなみに僕の優先順位です。

 

この表で大事なのは、「緊急で重要なこと(必ずやらないといけないこと)」「緊急ではないけど重要なこと(自己投資)」この2つで、習慣化に特に大事になるのは後者の「緊急ではないけど重要なこと(自己投資)」です。

 

この2つの行動にどれだけ時間を使うかが重要なポイントとなります。

 

こうしてみてみると、「付き合いだけの飲み会」や「携帯アプリのゲーム」、「テレビ」など、重要じゃないことに結構な時間割いてませんか?

 

 

まずは自分にとって重要なこと、重要じゃないことをしっかり明確にすることが習慣化の1歩目です。

 

 

 

「自己投資」を予定表に組み込み、スキマ時間を最大限活用する

 

「重要なことはわかっているけど時間がない」

 

という方が多いと思います。

そこで習慣化のための時間管理についてどうすればいいかを解説します。

 

時間管理の方法

緊急ではないけど重要なこと(自己投資)をまず先に予定表に入れる

②スキマ時間を最大限活用する

 

 

緊急ではないけど重要なこと(自己投資)をまず先に予定表に入れる

 

1週間単位で「緊急ではないけど重要なこと(自己投資)」の予定を入れることです。

 

例えば今日が日曜日であれば、その週の土曜日までの予定表に「ダンス」、「筋トレ」、「読書」、「瞑想」、「ブログ」などの予定表を組み込んでしまいます。

可能であれば「何時にやるか」まで入れるとベストです。

 

そうすると「緊急だけど重要じゃない予定」と「緊急でもなければ重要でもない予定」を防ぐことができます。

 

そして「緊急で重要な予定」が入ってきたときは、「自己投資の予定」を別の空いてる時間に速やかに移しましょう。

 

 

そうすることで、常に自分にとって重要なことを優先的に行動することができるようになります。

 

 

 

スキマ時間を最大限活用する

 

「スキマ時間を最大限活用する」これは時間活用術の王道ですよね。

 

上記の優先順位が見えてくれば何をスキマ時間にやるべきか、そして何ができるかがみえてきます。

 

僕であれば、

 

・仕事に行くときは車なので「オーディオブック」で読書する

・お昼ご飯を食べながら読書する

・車の中で休憩するときに瞑想する

・電話はなるべく車の移動中にハンズフリーで行う

・出先では空いた時間にスマホでブログを書く

・もちろん本は持ち歩く

 

 

同時にできそうなことや、少しの空いた時間を活用することで結構な時間を自己投資に利用することができます。

 

皆さんの大事なことと照らし合わせて考えてみてください。

 

 

 

習慣化で一番大事なこと

 

ここまでは習慣化のテクニックについてお話してきました。

 

上記のテクニックを駆使して「よしやるぞ!!」と思っていても多分失敗します。

 

この次が、僕が考える「習慣化」を身につけるのに一番大事なことです。

 

 

習慣化で一番大事なこと

①完璧にやろうとしない

②とにかく継続すること

 

 

①完璧にやろうとしない

 

「この日は読書を1時間しよう!」

「瞑想は30分やろう!」

「筋トレは週三回でこのメニューを必ずやり切るんだ!」

「ダンスの振りはこの日に作ろう!」

 

予定を組み立てていくと、張り切っていろんな目標を掲げると思います。

 

はっきり言います。

 

予定通りにいかないことが結構あります。

 

なぜなら「緊急で重要な予定」は文字通り急に入ってくるし重要なので後回しができません。

そうなると予定外の残業などで帰って来るのが遅くなり、当初予定したプランができなくなります。

 

そんな時は素直に目標回数や時間を減らしましょう。

予定を変えて明日にしてもいいです。

 

「読書は20分にしよう」

「今日の筋トレは腹筋だけにしよう」

「瞑想は5分だけにしておこう」

「ダンスは明日にしよう」

 

 

これでいいんです。

 

完璧にやろうとするから無理がでて、モチベーションが下がるのです。

 

予定通りにいかないのが当たり前だと思って取り組みましょう。

 

 

②とにかく継続すること

 

文字通り継続しましょう。

 

そしてこの「継続」のカギとなるのが上記の「完璧にやろうとしない」です。

 

最初はいろんな誘惑や、予定通りにいかないことで中断することがあると思います。

 

でも少しでいいので継続してやることを心がけて下さい。

 

人間は慣れる生き物なので、継続していくうちに最初は「大変だなー」と思うこともだんだん慣れてきて苦じゃなくなってきます。

 

ここは精神論になるのですが、やはり「継続」を心がけることが習慣化にとってとても重要なことだと僕の経験からも思います。

 

なので、行動の質が多少落ちてもいいので、少しでいいから行動しましょう。

 

 

 

まとめ:習慣化はちょっとした工夫と意識でできる

 

ここまでの記事の内容をまとめます。

 

本記事のまとめ

緊急ではないけど重要なこと(自己投資)は何かを知る!

緊急ではないけど重要なこと(自己投資)の予定表を1週間単位でつくる!

スキあらば自分を磨く(スキマ時間の活用)!

できないときはできない!完璧にやろうとしない!

質は落ちてもいいのでとにかく何より継続!

 

どうでしょうか?

 

冒頭でも述べましたが僕も何回か挫折しています。

 

けどこの記事の内容を実践、意識するようになってからは継続率がだいぶ上がりました。

 

最近は携帯アプリのゲームもやらなくなりました。

 

もちろん、ムダと思えるようなこともリラックスするのには大事なことです。

 

でも、

 

「習慣が変われば、人生が変わる」

 

といった言葉もあるように、人生を変えるのは「方法」ではなく「習慣」だと僕も考えています。

 

目指す自分に早く到達できるよう、自己を磨く習慣を一緒に身につけましょう。

 

 

 

-自己啓発

Copyright© 行政書士L法務事務所 , 2021 All Rights Reserved.