SEO

【ドメインプロパティ】サーチコンソールの登録方法【mixhost】

2020年5月28日

【ドメインプロパティ】サーチコンソールの登録方法【mixhost】

 

 

サーチコンソールでドメインプロパティの登録をしたいけどやり方がわからない。。

「mixhost」のどこから設定したらいいんだろう。。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

サーチコンソールは「ドメインプロパティ」で登録したほうが良い理由

mixhostでドメインプロパティの登録方法

 

今回はSEO対策を行う上で重要な無料ツール、「Googleサーチコンソール」のドメインプロパティ登録方法について解説します。

 

僕自身もドメインプロパティで登録しましたが、登録完了までわずか10分でした。

 

本記事を読むことで、簡単にGoogleサーチコンソールを始めることができますよ!

 

「mixhost」のレンタルサーバーをご利用の方は必見です!

 

 

サーチコンソールは「ドメインプロパティ」で登録したほうが良い理由

サーチコンソールは「ドメインプロパティ」で登録したほうが良い理由

 

Googleサーチコンソールの初期設定では、

 

・ドメインプロパティ

・URLプレフィレックスプロパティ

 

どちらで登録するか選択をしなければなりません。

 

おすすめは「ドメインプロパティ」です。

 

理由は一つ、管理が楽だからです。

 

サーチコンソールの初期設定画面でどちらかを選択する

サーチコンソールの初期設定画面でどちらかを選択する

 

公式ページでは2つの違いをこう説明しています。

 

Search Console では、次の種類のウェブサイト プロパティをサポートしています。

  URL プレフィックス プロパティ ドメイン プロパティ
説明

指定したプレフィックスで始まる URL のみが含まれます(http や https などのプロトコルも対象)。プロパティをすべてのプロトコルまたはサブドメイン(http / https / www. / m. など)に一致させる場合は、代わりにドメイン プロパティの追加を検討してください。詳しくはこちらをご覧ください。

すべてのサブドメイン(m、www など)と複数のプロトコル(http、https、ftp)を含むドメインレベルのプロパティ。詳しくはこちらをご覧ください。
検証 複数あり DNS レコードの確認のみ

プロパティ http://example.com/

 http://example.com/dresses/1234
🅧 
https://example.com/dresses/1234 - https が一致しません
🅧 http://www.example.com/dresses/1234 - www が一致しません

プロパティ example.com

 http://example.com/dresses/1234
 
https://example.com/dresses/1234
 http://www.example.com/dresses/1234
 http://support.m.example.com/dresses/1234

引用元:Search Console ヘルプ

 

簡単に言うと、

【ドメインプロパティ】

ドメインが一緒であれば多少URLが違っても全部一括で管理します!
※僕のサイトだと「l-llo.com」がドメイン

 

【URLプレフィレックスプロパティ】

ドメインが一緒でも頭につくのが「http」「https」「http://www」「https://www」のようにたくさんある場合は個別に登録して管理してね!

 

比較するとこうです。

  ドメインプロパティ URLプレフィレックスプロパティ
管理画面 1つですべて見れる URLごとにページを変えて確認する
ドメイン登録 一度設定すれば追加の必要なし サブドメインが増える度に登録する
初期設定 ちょっと面倒(10分) 簡単

 

 

長期間利用する事と利便性を考えた場合、10分かけてドメインプロパティを登録したほうが絶対に良いですよね。

 

とにかくすぐに使用したい人は「URLプレフィレックスプロパティ」を選択しましょう。

レンタルサーバーの設定は必要ありません。

 

mixhostでドメインプロパティの登録方法

ここからは「mixhost」で「ドメインプロパティ」の具体的な登録方法について解説していきます。

 

Googleサーチコンソールの設定

まずはGoogleサーチコンソールにアクセスします。

 

①トップページの「今すぐ開始」をクリック

①トップページの「今すぐ開始」をクリック

 

②Googleの「メールアドレス」「パスワード」を入力してログインします

②Googleの「メールアドレス」「パスワード」を入力してログインします

 

③左側の入力窓にドメインを入力します
※「https://」とドメインの後ろにつく「/」は入力しないよう注意しましょう

③左側の入力窓にドメインを入力します

 

④赤枠内のコードをコピーしましょう

④赤枠内のコードをコピーしましょう

 

 

ここまで完了したらサーチコンソールの画面はそのままで、新しいタブで「mixhost」の管理画面にアクセスしましょう。

 

mixhostからDNSの設定

mixhost」の管理画面にアクセスします。

 

①mixhostの「メールアドレス」「パスワード」を入力してログインします

①mixhostの「メールアドレス」「パスワード」を入力してログインします

 

②赤枠内にあるあなたのドメインをクリックしましょう

②赤枠内にあるあなたのドメインをクリックしましょう

 

③「cPanelにログイン」をクリック

③「cPanelにログイン」をクリック

 

④「Zone Editor」をクリック

④「Zone Editor」をクリック

 

⑤左赤枠内にあるあなたのドメインを確認したら、その右側の「管理」をクリックします

⑤左赤枠内にあなたのドメインを確認したら、右側の「管理」をクリックします

 

⑥「レコードの追加」をクリック

⑥「レコードの追加」をクリック

 

⑦「①」ドメイン入力→「②」TXTを選択→「③」先ほどサーチコンソールでコピーしたコードをクリック→「④」レコードの追加をクリック

⑦「①」ドメイン入力→「②」TXTを選択→「③」先ほどサーチコンソールでコピーしたコードをクリック→「④」レコードの追加をクリック

 

⑧右上に「成功」のメッセージが出ればmixhostの設定はOKです!

⑧右上に「成功」のメッセージが出ればOKです

 

Googleサーチコンソールの画面に戻る

①先ほどのコードをコピーした画面に戻り[「確認」をクリック

①先ほどのコードをコピーした画面に戻り確認をクリック

 

②「所有権を確認しました」のメッセージが出れば設定完了です!

②「所有権を確認しました」のメッセージが出れば設定完了です!

 

③最後に確認です。サーチコンソールの左上赤枠内の「▼」をクリック

③最後に確認です。赤枠内の「▼」をクリック

 

④ドメインの下に「ドメインプロパティ」の文字があれば完了です!

その下にある「URLプレフィレックスプロパティ」は消してもOKです

④ドメインの下に「ドメインプロパティ」の文字があればOKです!

 

注意ポイント

所有権の確認にはタイムラグがあります。

 

所有権の確認にはタイムラグがある時があります。

 

エラーメッセージが出た場合は少し時間を置いてから再度「確認」のボタンを押しましょう。

 

 

まとめ:ブログを書くこと以外はなるべく効率的に

まとめ:ブログを書くこと以外はなるべく効率的に

 

今回はmixhostユーザーが「ドメインプロパティ」で「サーチコンソール」に登録する方法について解説しました。

 

「URLプレフィレックスプロパティ」でサーチコンソールを利用している方は、これを機に変更するのもアリかなと思います。

 

ドメインプロパティのメリット

ドメインを一括管理できる

設定は一度きり

 

メインはブログを書くことです。

 

それ以外の作業はなるべく効率的に行うことが大切です。

 

わずかな時間短縮の積み重ねが、結果大きな成果を生みだします。

 

登録完了までの時間はわずか10分です。

 

すぐに始めてみましょう!

 

ではまた次の記事で。

 

-SEO

Copyright© Lblog , 2021 All Rights Reserved.