仕事術

好きな事を仕事にするよりも、好きな事をするために仕事を選んだ方が良い話

2020年6月7日

好きな事を仕事にするよりも、好きな事をするために仕事を選んだ方が良い話

 

ぼんやりしている人
好きなことを仕事にしたいなぁ。。

実現できればきっと楽しい人生になるんだろうなぁ。。

 

誰しもが一度は考えることですよね。

 

結 論

「好きな事を仕事にする」よりも「好きな事をするために仕事を選ぶ」方が良いです

 

YouTubeのキャッチコピーでも「好きなことで生きていく」で話題になりましたね。多くの有名人が活動していることもあり、好きな事を仕事にしたいって人は多いです。

 

でも目的の本質をはき違えて単純に「好き」だけで仕事を選ぶとわりと苦労します。

 

本記事では「好きな事を仕事にする」よりも「好きな事をするために仕事を選ぶ」ほうが良い理由について僕なりの考えを共有します。

 

3分で読めるので、転職や副業を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

 

「好きな事を仕事にする」と「好きな事をするために仕事を選ぶ」の違い

「好きな事を仕事にする」と「好きな事をするために仕事を選ぶ」の違い

 

「好きな事を仕事にする」と「好きな事をするために仕事を選ぶ」は違います。

 

【好きな事を仕事にする】

対象となる仕事が好きで「その職業に就くことが一つの目的」となる。

例:アスリート、ゲーム系「ユーチューバー」、俳優、歌手、ダンサー、ラーメン屋など

 

【好きな事をするために仕事を選ぶ】

「仕事は好きな事をするための手段」であって目的ではない。

例1:家から一歩も出ずに稼ぎたいからYouTube、ブログを始めてみる

例2:生活の安定が欲しいから公務員になる

 

ここをはき違えると挫折に繋がりやすいです。

 

例えば、「脱サラしてたくさん休みが欲しい!憧れのユーチューバーになろう!」は絶対に挫折しますよね。

 

なぜならユーチューバーは毎日のように更新をしないとPV数が伸びないので、最初の1年は休みなんてほぼないからです。

 

休みがたくさんほしいなら公務員になった方がいいです。

 

このように「目標(たくさん休みがほしい)」と「好きな職業になる事(ユーチューバー)」を分けて考えないと失敗してしまうので注意が必要です。

 

 

好きな仕事でもわりと辛いことは多い

好きなことを仕事にしてもわりと辛いことは多い

 

 

好きな職業に就くことがあなたの目的であれば問題はありませんが、そうでない場合はわりと辛いことも多いです。

 

  • 仕事なのでやりたくない事もやらないといけない
  • 嫌いな人、苦手な人とも関わらないといけない
  • 稼げない業界だと生活するだけでも大変

 

今までは自由気ままに取り組んでいたことが、仕事となるとそうはいかなくなりますよね。

 

さらにその仕事が稼ぎにくい職種であれば、日々の生活+仕事の苦労で2重苦になってしまいます。

 

現実として金銭的理由で業界を去る人は多いです。

 

どんなことがあっても俺はこの仕事をやりたい!

 

このくらいの覚悟がなければ、「好き」だけの判断材料で職種を選ぶのはリスクが大きいかなと思います。

 

 

「あなたが目指しているものは何か」を明確にしましょう

「あなたが目指しているものは何か」を明確にしましょう

 

これから新しい仕事や副業を考えるときは、まずは「あなたが目指しているものは何か」を明確にしましょう。

 

例えば僕がブログを始めようと思った理由は下記の通りです。

 

若いうちに世界1周旅行がしたい

 

そうなると普通の職種では無理ですよね。

 

「いつどこにいても稼げる仕事は何か?」と考えて出た結論がブログです。

 

アスリートや俳優などのようにその職種に就くことが目的でないのであれば、「何をしたいのか」から逆算して考えることが大切です。

 

あわせて読みたい

 

未経験でも何とかなるし、やりがいは後からついてきます

未経験でも何とかなるし、やりがいは後からついてきます

 

そうはいっても未経験で好きでもない仕事をするのは気が引ける

 

こんな心配はあると思いますが、未経験でもなんとかなりますし、やりがいは後からついてきます。

 

僕自身5回の転職を繰り返し、且つプログラミング知識もない中こうやってブログを開設することができています。

 

転職にしてもプログラミング知識にしても、わからない事はGoogle先生に聞けば事前調査もできますし、一人で解決することも可能です。

 

ブログも50記事ほど書いてPV数も少し伸び始めているので、ちょっとずつやりがいも感じています。

 

まずは恐れず行動しましょう。

 

なぜなら失敗したときよりも、行動しなかったときの後悔の方が間違いなく大きいからです。

 

 

まとめ:しっかり考えて調べれば最適な仕事を見つけることは可能です

まとめ:しっかり考えて調べれば最適な仕事を見つけることは可能です

 

今回は「好きな事を仕事にする」よりも「好きな事をするために仕事を選ぶ」方が良い理由について解説しました。

 

まとめますね。

 

本記事のまとめ

「好きな事を仕事にする」と「好きな事をするために仕事を選ぶ」をはき違えないように注意する

 好きなことを仕事にしてもわりと辛いことは多い

 「あなたが目指しているものは何か」を明確にすることで最適な仕事が見つかる

未経験の仕事でもなんとなるし、やりがいは後からついてきます

 

現代では職種も情報もたくさん溢れています。しっかり考えて調べれば、最適な仕事を見つけることは可能です。

 

逆に言うと何となくで行動している人達には、チャンスが回りずらくなっているとも言えます。

 

少しでも目指す目標に近づけるよう、

 

「今何を選択するべきか」

 

をしっかり考えていきましょう。

 

ではまた次の記事で。

 

 

-仕事術

Copyright© 行政書士L法務事務所 , 2021 All Rights Reserved.