SEO

【5分でわかる】Googleサーチコンソールの使い方【SEOの基本】

2020年5月29日

【3分でわかる】Googleサーチコンソールの使い方【SEOの基本】

 

 

ぼんやりしている人
Googleサーチコンソールに登録したものの使い方がわからない。。

一体何ができて、どういったときに使用すると良いんだろう。。

 

こんな悩みを解決します。

 

結 論

Googleサーチコンソールにできることはこれ

あなたのサイトが「どんなキーワードで検索」され「何回表示」され、「クリック」されたかがわかります

読者に使い勝手の良いサイトかどうかがわかります

あなたのサイトにエラーがないかがわかります

新しく作成した記事をGoogle検索結果に早く表示させます

不必要になったサイトをGoogleから削除することできます

 

今回はSEO対策に非常に重要となる「Googleサーチコンソールの使い方」について解説していきます。

 

最初はわからない言葉だらけでゲンナリすると思いますが、理解すると意外と簡単ですよ!

 

是非この記事をよみながらサーチコンソールを活用してみてください。

 

5分で読み終えます!

 

あわせて読みたい

ちなみにレンタルサーバーが「mix host」でサーチコンソールの設定が終わっていない方はコチラの記事もご覧ください。

≫≫【ドメインプロパティ】サーチコンソールの登録方法【mixhost】

 

 

 

Googleサーチコンソールとは【使い方】

Googleサーチコンソールとは【使い方】

 

Google公式サイトではサーチコンソールについて以下のように書かれています。

 

Google SearchConsole は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

引用元:Search Consoleヘルプ

 

簡単に言うと、

 

・あなたのサイトの検索パフォーマンスはどのくらいか?

・あなたのサイトはGoogleからどう評価されているか?

 

これらを簡単に知ることができるGoogle提供の無料ツールですね。

 

なのでSEO対策には非常に重要なツールとなります。

 

 

【具体的な使い方】検索パフォーマンスを見る

ここからはGoogleサーチコンソールの具体的な使い方について解説していきます。

 

まずは「検索パフォーマンス」についてです。

 

サマリー

サマリー

 

この「サマリー」で確認できることは以下の通りです。

 

・過去三か月のあなたのサイトの合計クリック数

・カバレッジの「エラー」と「有効なページ」の数

・モバイルユーザビリティ対応の記事の数

・パンくずリストの記事の数

 

この項目では「モバイルユーザビリティ」と「パンくずリスト」の数が投稿記事とほぼ一致していればOKです。

 

【モバイルユーザビリティの数とは】

スマホで表示したときに、記事のレイアウトが見やすくなっている数です(Google評価)

※最近のテーマはモバイル対応のものがほとんどなので自作テーマでなければ問題ないです

 

【パンくずリストの数】

読者がどのページにいるかを一目でわかるようになっているページの数です

僕のサイトだとタイトルの上に表示される赤枠内が「パンくずリスト」です

パンくずリスト

 

現在ではスマホユーザーが多いので、読者にとって使い勝手が良いかどうかの指標となります。

 

具体的な検索パフォーマンス

具体的な検索パフォーマンス

 

「検索パフォーマンス」では以下の事がわかります。

 

・どんなキーワードであなたのサイトが表示されたか?

・表示回数

・クリック回数

・クリック率

・検索順位

 

例えば、「行政書士 独学」のキーワードだと検索画面では1112回表示され、クリックされたのは5回ということがわかります。

そして「行政書士 独学」のキーワードをクリックするとさらに詳細が表示されます。

「行政書士 独学」のキーワード

 

上部には「行政書士 独学」のキーワードに対する具体的な数字が表示されます。
※CTRとは表示回数に対するクリック数の割合です(5÷1112=0.4%)。

下の赤枠内はキーワードに対して、どのページが表示されたかがわかります。

具体的な数字

 

表示回数が多いのにクリックされないのは、「タイトル」もしくは「ディスクリプション」が悪いのかな?という予測ができます。

 

URL検査

URL検査

 

「URL検査」でできることは以下の通りです。

 

・記事がGoogleに認識されているかを確認できる

・認識されていなければ、新しい記事を知らせる「リクエスト」ができる

 

記事を投稿すれば放っておいても自然とGoogleが認識してくれますが、問題は「いつ自分のページを確認してくれるかわからない」ということです。

 

早ければ数時間ですが、遅ければ半年以上かかる場合もあります。

 

新しい記事を投稿したら「URL検査」で毎回「リクエスト」することをおすすめします。

 

 

【インデックス】あなたのサイトがGoogleからどう評価されているか?

ここからは「あなたのサイトがGoogleからどう評価されているか?」を知ることができる「インデックス」について解説します。

 

SEO対策を行う上でGoogleに逆らってはいけません。

 

定期的に確認することをおすすめします。

 

カバレッジ

カバレッジ

 

「カバレッジ」はGoogleに認識されているページに問題がないかを確認することができます。

 

上部ではステータスの件数が表示され、下部には詳細が記載されます。

 

重要度 高 エラー 何かしらの問題でGoogleに認識されていません。要修正
重要度 中 有効(警告あり) Googleに認識されていますが問題あり。要修正
問題なし 有効 問題なし
意図的であれば問題なし 除外 基本問題なし

 

エラーのページはどんなに質の高い記事でもGoogle検索では表示されなくなってしまいます。

 

カバレッジは定期的に確認を行い、「エラー」「有効(警告あり)」は0となるよう心掛けるようにしましょう。

 

サイトマップ

サイトマップ

 

Googleにあなたのサイトマップを送信します。

 

Googleにサイトマップを知らせることでより早くあなたの記事を認識してくれるようになります。

 

あわせて読みたい

サイトマップの詳細はこちらの記事で解説しているので興味のある方は一読ください

≫≫【超簡単です】WordPressでサイトマップを作成する方法【ブログ初心者へ】

 

削除

削除

 

Googleの検索結果に表示されないようにするための機能です。

 

例えば「秘密のページを間違って公開してしまった」などのときに利用します。

 

注意ポイント

・余程でない限りは、まず記事の改善を考えること

・記事の削除は一時的なものとなります。「記事を削除」するか「noindex」などを設定して再度認識されないよう注意しましょう。

・Googleからペナルティを受けたものを削除しても記録は残ります。削除するにしてもペナルティを解消してからにしましょう。

・ページが重複している場合は「301リダイレクト」で解消しましょう。

 

あわせて読みたい

 

リンク

リンク

 

このページではあなたのサイトの「内部リンク」「外部リンク」について確認することができます。

クリックするとこんな感じです。

 

【外部リンク】他者があなたのページをサイトに貼っている

【内部リンク】自分の記事を紹介している
※僕の記事ではこんな感じ↓
内部リンク

 

自分の記事が、関連性の高い他者の記事にリンクをされるとGoogleからも評価されます。

 

僕たちの記事が有益かどうかの指標になりますね。

 

 

まとめ:ブログ運営でGoogleサーチコンソールは必須のツール

まとめ:ブログ運営でGoogleサーチコンソールは必須のツール

 

今回はSEO対策の基本である「Googleサーチコンソール」の使い方について解説をしました。

 

最初見たときは訳が分からない事ばかりでしたが、使ってみると意外とシンプルです。

 

ハッキリ言ってブログ運営は、Googleの評価で結果が左右されるといっても過言ではありません。

 

そんなGoogleの評価をリサーチできるサーチコンソールは、必ず使うべきツールの一つです。

 

記事投稿→分析→改善→記事投稿

 

これを繰り返せば必ずPVは伸ばせます!

 

苦手意識のある方も、毎日少しでいいのでこのツールを使ってみましょう!

 

ではまた次の記事で。

-SEO

Copyright© 行政書士L法務事務所 , 2021 All Rights Reserved.