自己啓発

【連想ゲームだけど効果抜群】あなたのやるべきことを見つけるマインドマップの使い方【わかりやすく説明】

2020年4月24日

マインドマップを作成している人

 

 

ぼんやりしている人
・お店の売上を伸ばしたいけど何をしたらいいんだろう?

・来年にはレギュラーを取りたいなぁ。

・会社のプレゼン資料の考えがまとまらない。

・自宅でできる仕事で生活をしたいけどなにがあるんだろう?

何かいい方法を教えてほしい。

 

 

こんな悩みについてお答えします。

 

 

本記事の内容

マインドマップとは?

マインドマップから得られる効果とメリット

意外と簡単マインドマップの使い方【ただの連想ゲームだけど効果抜群】

 

僕は2020年4月1日からブログを再開しました。

 

そのきっかけは、マインドマップを作成したことです。

 

 

「自分が目標とする生活を達成するためには何をしたらいいんだろう?」

 

 

こんなことを考えながら、iPhoneでマインドマップをいじってるうちに「これだ!」と思い再度決意しました。

 

「目標が決まっていない」

「目標達成には何をしたらよいのかわからない」

 

そんな悩みのある人は是非あなたのマインドマップを作成してみてください。

 

きっと答えが見つかります。

 

 

この記事を読むことで、マインドマップの作成方法とあなたのやるべきことが明確になります。

 

 

 

マインドマップとは

イギリスで教育コンサルタントとして活動していたトニー・ブサン氏によって考案された方法で「何を目標にするか」や、「目標を達成するにはどうしたらいいか」などの道筋を明確にするのに非常に有効な思考方法です。

 

マインドマップを一言でいえば、

 

「思考の見える化」

 

です。

 

 

 

「見える化」が継続につなげる

頭で考えていることを順番に、そして理屈立てて図に表していくことで「今何をやらなければならないのか」を目に見える状態にします。

 

イメージは連想ゲームです。

 

連想ゲームをすることで目標に対する行動指針がどんどん明確になっていきます。

 

そして目に見える状態にすることで、記憶に残りやすく、記録にも残るので継続的に行動ができるようになります。

 

 

頭の中で考えていることは忘れやすく、まとまっていない

なぜわざわざそんなことをする必要があるのか?

 

人間は通常1日のうち6万回の思考をしているからなんです。

 

これだけの思考をしていると、頭のなかだけで体系的な思考をすることが難しくなるんです。

 

例えば、あなたは通勤しながら今日1日の職場でのスケジュールを考えていたとします。

 

今日はまず朝一で会社のメールチェックをする

→そのあと10時から会議

あっそういえば帰りにティッシュを買って帰らないと(関係のない思考で論点がズレだす)

今日は雨だし明日にしようかな(関係ない思考)

あれ、何考えてたっけ?まぁとにかく今日も頑張ろう!

 

考えがそれてしまったり、何を考えていたか忘れることありません?

 

このようなことを防いで、体系的な思考をきちんと考えるようにするのが「マインドマップ」なんです。

 

 

 

マインドマップの作成で得られる効果とメリット

マインドマップの作成で得られる効果とメリットについて解説します。

 

 

マインドマップのメリット

①単語で書くので簡単

文章を書くのは面倒ですよね。

マインドマップの場合、直感で思いついた単語でどんどん書いていけばいいので簡単です。

 

②思いもよらないアイディアが思いつく

関連する単語をどんどん書いていくと、

「あれ、そういえばこんなこともあったな」

と閃くことが結構あります。

課題を絞って考えることで一つに集中できるので、普段では思いつかないアイディアが思いつくようになります。

 

③どんな目標にも使えるし、やりたいことがない人の目標設定にもなる

冒頭でも書いたように、

「部活でレギュラーを取りたい」

「お店の売上をあげたい」

「会社のプレゼン資料を作成したい」

など幅広く使えます。

 

やりたいことがない人であれば

「自分が好きなこと」

「自分が大切に考えていること」

を中心において考えていくと、納得のいく目標がみつかります。

 

④記録に残る

思考を記録に残すことで、忘れることなく継続して取り組むことができます。

また、あとから計画のダメな部分もみえてくるので改善にも役立ちます。

 

 

マインドマップで得られる効果

①記憶の定着

学んだ知識や得た情報をアウトプットするので、インプットしただけの人に比べて学んだ知識が定着しやすくなります。

 

②集中力アップ

課題が視覚化されることで他のことに注意が向かなくなり集中力が上がります。

 

⓷創造力アップ

率先して「他に何かいい方法はなかっただろうか?」と考えるようになるため、創造力がアップします。

 

 

 

意外と簡単マインドマップの使い方【ただの連想ゲームだけど効果抜群】

ここからは実際の使い方について解説します。

※僕が使っているiPhoneアプリ「Simple Mind+]で説明します

 

 

①まずは主軸となる一番の目標設定をしましょう。

 

やる気のある人
【目標】

家から出ないで稼ぐ!

まずはメインの目標を掲げます

 

 

②次は家から出ないで稼げる仕事を考えます。

 

やる気のある人
そうすると、ブログ、youtube、Note、プログラマー、Webデザイナーあたりかなぁ。

メインの目標を達成するための仕事の候補を挙げていきます

 

 

③続いてこの仕事をするためには何をしたらいいかを考えます。

 

やる気のある人
IT知識はないし、顔出しは嫌だから、ブログをやるか!サラリーマン時代の経験をいかしてビジネス系のコンテンツにしよう!

候補に挙げた仕事を始めるのに必要なことを挙げていきます

 

 

④現実に今何をすべきかを最後まで深堀していきます。

 

やる気のある人
ブログで稼ぐには「毎日更新」して「SEO対策」もしないと 

→ 毎日更新するとなると現状の知識では足りないから読書をしないと 

→ よし本を買おう!

内容がきまったら、その内容で成功するための必要事項をさらに深堀します

 

 

こんな感じで自分の一番の目標からやるべきことをどんどん細分化していくのです。

 

あとはこれを一つ一つ着実にこなすだけです。

 

今回のマインドマップをまとめると、

 

家から出ないで稼ぐぞ! 

→ ブログをはじめよう 

→ WordPressでサイトをつくらないと 

→ ビジネス系のブログを書こう 

→ 収益化するには「SEO対策」と「毎日更新」だな 

→ 毎日更新するには知識がたりないなぁ 

→ 読書をしよう!

 

こんな感じです。

 

これならもう迷わないですし、着実に目標に近づいていくことができます。

 

 

 

まとめ:マインドマップはあなたの思考をクリアにします

今回は「あなたのやるべきことを見つけるマインドマップの使い方」について解説してきました。

 

僕もそうでしたが、目標は決まっているけど何をしたらいいかわからないって人は結構多いです。

 

着実な一歩を踏み出すには、的確な行動指針が必要です。

 

是非マインドマップを活用しましょう。

 

一度使ってみると頭がクリアになってスッキリしますよ。

 

 

 

 

-自己啓発

Copyright© Lblog , 2021 All Rights Reserved.